トップページ
佐平治の心を今の世に
滅びの村を訪ねて
秋山郷の四季
紙芝居
イベント情報
委員会の活動
リンク
更新情報
メール
佐平治の心を今の世に
映画「佐平治 SAHEIJI」制作にご協力を


飢餓の惨状

私達の住む新潟県津南町は日本有数の豪雪地です。はるか縄文の昔から人々はこの厳しくも美しい 自然の中で暮らしてきました。 ところが江戸時代後期、全国に相次いで起こった大飢饉で、ここ津南でも特に秋山郷が大きな被害を受けました。天明3(1783) 年の大飢饉により大秋山・矢櫃村が全滅。天保7(1836)年の大飢饉では甘酒村・高野山村が全滅し、他の村も絶望の危機に 陥ったのです。

旧佐藤家跡(忍字亭)に建てられた看板


救いの手

この時救いの手を差し伸べたのが小千谷市片貝村の佐藤佐平治です。佐藤家(代々の当主は佐平治を襲名)は以前から飢饉の 度ごとに全力を挙げて被災者を救い、そのため一時は家業の酒造業が破産寸前になったほどでした。
第21代佐平治は父の代から20年間に渡って蓄え続けた籾・稗1200表(1080石)昆布1万把を片貝近郷・上妻有郷・秋山郷の村々 に与えました。特に結東村へは全体の3分の1にあたる361石と共に御救方手金10両及び強力金50両を施しました。
1両は現在の金額で約20万円ですから50両だと1千万円になります。しかもその50両を自分が結東村から借り受けて利息7分 (3両2分)を毎年村に払い続けました。この支払いは昭和42年(1967)年まで、実に135年間にも渡って続けられました。

佐平治の心を伝えたい

大勢の人達が飢饉のために命を奪われた中で私達の先祖は佐平治さんに救ってもらい、そのおかげで私達が今此処に生きています。 私達は佐平治さんに救って頂いた命を何か役に立てたいと想い続けて来ましたが、この度、佐平治の心を伝える映画をつくる事に しました。
21世紀の今、世界各地で戦争や紛争によって多くの人々が殺され、国内でも悲惨な事件や事故があとを絶ちません。人間の尊い 命が紙くずのように扱われているのです。自分さえ良ければよいという利己的な考えが横行し弱い者・貧しい者は切り捨てられる ばかりです。

映画づくりにご協力を

今こそ私達は佐平治の精神に学ばなければなりません。私達は想いを同じくする人達の輪を広げ市民の手による映画づくりを 目指します。そして佐平治が私達に残してくれた命のかけがえのなさ・平和の尊さ・助け合って生きることの大切さへの思いを この映画によって伝えて行きます。
どうかこの趣旨にご賛同頂き映画づくりにご協力くださるようお願いいたします。


2008年3月「佐平治の心を今の世に」映画制作実行委員会 委員長 山田龍一

◆映画制作資金カンパのお願い◆

できるだけ多くの方々の浄財によって映画づくりの実現ををめざしています。 どうかこの運動にご賛同いただき、制作資金カンパにご協力をお願いします。

○ カンパ金額 1口 千円(いく口でもけっこうです)
○ ご送金方法 次のうちからお選びください。

1.郵便振替 口座記号番号 0560-2-47562
 加入者名 佐平治の心を今の世に・映画作成実行委員会 振込用紙で、上記の指定口座へ
 お振込みをお願いします。

2.銀行口座振込み 北越銀行 津南支店 普通口座 338089
 加入者名 佐平治の心を今の世に・映画制作実行委員会 代表 山田龍一 振込用紙で、
 上記の指定口座へお振込みをお願いします。

3.現金書留 下記 事務局あてに現金書留でご送金お願います。
 〒949-8316 新潟県中魚沼郡津南町大字結東子984-9 映画制作実行委員会事務局
 代表 山田龍一

○ ご送金の際の手数料をご負担くださるようお願いします。

○ ご協力いただいたすべての方のお名前を映画のエンディングタイトルに出させていただきます。もしご希望されない場合はその旨 お知らせ願います。


佐平治グッツの販売
佐平治オリジナルTシャツ S・M・L 1200円で好評販売中